データを読み込み中

JP

EN

04

歯周病治療

歯周病治療

「歯を支える歯周組織の健康は
すべての基礎」

歯周病治療はすべての歯科治療においてのベースとなります。
歯と歯列を支える支持組織が健康でなければ、
どんなに理想的な咬合(かみ合わせ)を与えても良好な結果は望めないからです。
歯肉の炎症、歯肉退縮、知覚過敏などの長引く慢性的な症状のお悩みの場合には、
薬を塗布したりなどの対症療法での治療ではなく、これ以上悪化しないよう長期的な安定を求めるために、
かみ合わせの治療と歯周形成外科が適した治療となることもあります。
歯周外科治療を行うことで、歯周組織の安定、審美性の向上、知覚過敏の改善、
歯肉の下の隠れたところのむし歯の抑制、日々の口腔ケア・清掃性の向上などが期待でき、
結果として予後が良くなり長期的に安定します。
歯周形成外科治療は観血的処置となります。

各種治療内容

  • プロフェッショナルクリーニング (PMTC)

    PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaning:専門的機械歯面清掃といい、訓練を受けた専門の衛生士による歯のクリーニングです。内容と流れについてはプロフェッショナルクリーニングの項目をご参照ください。

  • 歯周組織再生療法

    歯周病が重度になるとクリーニングや歯肉切除法(ダメージを受けた歯肉の組織を除去して歯槽骨の清掃をし歯肉を元の健康な状態に戻す)では、回復が難しいケースがあります。その場合は、メンブレン(人工膜)やエムドゲイン(タンパク質ゲル)などの再生療法を用いて骨や歯周組織の再生を促します。

  • 根面被覆術 CTG Envelope technique

    面被覆法CTG Envelope techniqueとは、部分的に退縮してしまった歯ぐきに対して、上顎の厚い歯肉を移植することで審美的な回復を図ります。

  • 遊離歯肉移植術(FGG)Free Gingival Graft

    遊離歯肉移植術FGGとは、歯肉退縮により失われてしまった歯肉の幅や厚みを増加させることを目的とします。上顎の奥歯の裏側の硬い歯肉を取り移植します。角下歯肉(動かない歯肉で多い方が歯周組織の安定につながる)を増加させることができるため、清掃性が良くなり結果として歯の安定と寿命が伸びます。

  • 結合組織移植術(CTG)Connective Tissue Graft

    結合組織移植術CTGとは、FGG同様歯肉退縮により歯根が露出していたり、歯肉が足らず周囲との歯・歯肉がアンバランスになっている部分に、上顎の口蓋から歯肉を取り移植する方法です。結合組織のみの移植で特に前歯などの見た目の自然さが求められる部位に適しています。

  • 歯槽堤増大術Alveolar Ridge Augmentation

    歯槽堤増大術ARAとは、歯の欠損した部分の骨が吸収して痩せてしまったところに骨を増やすことを目的としています。歯を失った部分はそのままにしておくと骨が吸収され歯ぐきの形も変わります。そのままの状態で人工歯を入れても周囲とのバランスが悪く清掃性や見た目に問題が生じることが多いため、インプラントや補綴・修復治療の前処置治療として行います。清掃性と審美性を考慮した場合この歯槽堤増大術を行うか行わないかで見た目も長期予後も大きく変わります。

料金

PMTC

¥13,000 (税別)

歯周組織再生療法

¥100,000~ (税別)

根面被覆法CTG
Envelope technique

¥100,000~ (税別)

遊離歯肉移植術FGG

¥150,000~ (税別)

結合組織移植術CTG

¥150,000~ (税別)

歯槽堤増大術

¥100,000~ (税別)

その他診療内容

電話03-6453-0500 電話TEL

診療時間朝9時から・土曜も診療

予約WEB予約アクセスピンアクセス

JP