データを読み込み中
JP
EN

症例ギャラリー

No.31 包括的歯科治療における部分矯正治療

はじめの相談内容

下の前歯をきれいに上と合わせたい。

治療内容・
説明

40代男性。
前歯のかみ合わせが気になる、特に下の前歯の位置が気になるとのことで、部分矯正治療をスタートさせました。
当院で総合治療をした患者様です。
以前2019年は部分矯正治療は拒否され、矯正治療をしないで、全体を治したいとの希望により、
精密かみ合わせ検査後、奥歯のインプラント治療、奥歯のダイレクトボンディング治療、そして上の前歯のラミネートベニア修復治療の包括的歯科治療を行った患者さまです。
総合治療後3ヶ月に一度のメインテナンスから1年後、部分矯正治療に同意。
目立たないミニセラミックブラケットとホワイトコーティングワイヤーでスタート。
部分矯正治療であっても、矯正治療中は咬合が変化していくため、来院時に必ず咬合確認と必要あれば調整(足し引き)を行います。(ただし天然歯は削りません)
患者様のケースは、元々当院で咬合治療を行い、定期的に管理をしていたことから、部分矯正中の咬合の変化もスムーズに対応でき、予定通り7-8ヶ月で部分矯正は無事終了し、満足していただけました。
※前歯のガタガタや前歯の位置だけを変えたい場合は、インビザラインよりもワイヤーを使用した部分矯正が効果的です。奥歯まで被せるマウスピース型のインビザラインは奥歯を圧下させる力が加わるため、咬合が必要以上に変化します。(奥歯が噛まなくなったなど。)
ワイヤー部分矯正であれば、奥歯は変えずに、かみ合わせを安定させたまま、動かしたい歯だけを動かせます。また、ワイヤー矯正は歯の周囲骨も再生させる働きもあります。

治療期間
(所要時間)

8ヶ月(2〜3週間に一度ワイヤー交換とクリーニングで来院)

治療費

TOTAL¥257,400-
部分矯正治療費¥170,000+tax、2-3週間に一度の再診料(ワイヤー交換とクリーニング含)¥8,800×8

※本症例掲載時(2022年9月末)の金額を記載

TEL

TOP

* お問い合わせ * 症例ギャラリー * コラム
* お問い合わせ * 症例ギャラリー * コラム * WEB予約