データを読み込み中

JP

EN

症例ギャラリー

矯正治療のためにかみ合わせ検査をしたケース

はじめの相談内容

矯正治療を始めるにあたり、かみ合わせの違和感と右側頬の張り(咬筋肥大)について精密検査を受けた上で相談をしたい

治療内容・
説明

矯正治療は歯を動かし見た目の美しさを整えるだけでなく、かみ合わせの改善も見据えた治療である。そのため、かみ合わせ検査は必須であると考えている。
今咬んでいる位置と理想の位置を確認し、治療をスタートする位置を決める必要がある。
いったん矯正治療が始まると咬む位置が徐々に変わるため、定期的なかみ合わせの調整が必要になる。本ケースは、普段咬んでいる位置と矯正治療をスタートする位置が全く違ったケースであり、このようにかみ合わせの検査をしなければわからない位置とも言える。いかにかみ合わせの検査が必要で重要なのかが分かるケースである。
また、咬筋肥大と奥歯の咬耗が顕著であったため、矯正治療を始める前に顎関節と筋肉をリラックスさせる目的で夜間のスプリントを使用していただいた。

  • フェイスボウトランスファー

    矯正治療のためにかみ合わせ検査 フェイスボウトランスファー(Kavo)(港区神谷町 虎ノ門デンタルプラクティス 女医 長坂裕子)

    頭蓋骨に対する上顎の位置を診て、本来あるべき下顎の位置を知る。

  • CT画像(顎関節TMJ)

    矯正治療のためにかみ合わせ検査 Kavo CT画像(顎関節TMJ)(港区神谷町 虎ノ門デンタルプラクティス 女医 長坂裕子)

    矯正においても、かみ合わせと顎関節の調和が必要であるため、顎関節の状態も検査することが必要である。

  • 習慣性の咬合位

    矯正治療のためにかみ合わせ検査(港区神谷町 虎ノ門デンタルプラクティス 女医 長坂裕子)

    普段咬んでいる位置

  • 理想の咬合位(顎関節の位置)

    矯正治療のためにかみ合わせ検査(港区神谷町 虎ノ門デンタルプラクティス 女医 長坂裕子)

    筋肉に緊張無く、無理なく噛める顎関節の位置
    この状態では上下に隙間が開いているが、今後、矯正治療を行うことによって見た目も変わり、上下の全ての歯がかみ合い、キレイに整っていく

  • 診断模型

    矯正治療のためにかみ合わせ検査 Kavo咬合器(港区神谷町 虎ノ門デンタルプラクティス 女医 長坂裕子)

    「習慣性の咬合位」を咬合器で再現

  • 診断模型

    矯正治療のためにかみ合わせ検査 Kavo咬合器(港区神谷町 虎ノ門デンタルプラクティス 女医 長坂裕子)

    「理想の咬合位(顎関節の位置)」を咬合器で再現

治療期間
(所要時間)

来院3回

治療費

TOTAL¥80,000 + tax
・相談カウンセリング料(CT含) ¥10,000
・かみ合わせ検査料 ¥37,000
・スプリント ¥33,000

※本症例掲載時(2021年3月末)の金額を記載

診療時間朝8時から・土曜も診療

電話03-6453-0500 電話TEL

予約WEB予約 アクセスピンアクセス

JP